ライアンエアーの乗り方・注意点やビザチェックの時間を解説!

みなさんこんにちは!

今日は欧州の格安航空会社ライアンエアー(Ryanair)の乗り方や注意点、そして日本人が利用するためには不可欠なビザチェックの仕方や時間を解説していきます。

一般的にルールが複雑で利用が難しいと言われているライアンエアーですが、ちゃんと調べて事前準備をしていけば問題なく旅をすることができます。

やっぱりその破格の値段はなんにでも変えられ難いものなので、是非ともこのページでライアンエアーの乗り方を理解して賢い空の旅をお送りいただければと思います。

ライアンエアーの乗り方

ライアンエアー 乗り方

ライアンエアーの乗り方は難しく、何も調べずにいくと簡単に追加料金を取られてしまうことで有名ですね。

そもそもライアンエアーは通常の渡航料金より搭乗者に不備があった場合の追加料金で売り上げを伸ばしている会社ですので、注意が必要なのは当たり前の話です。

ライアンエアーの搭乗までの流れを説明していきます。

1.チケットの予約

ライアンエアーの公式ホームページからチケットを予約しましょう。チケットの予約方法は以下のページを参考にしてみてください。

ライアンエアーの予約や変更・オンラインチェックイン方法!

2.オンラインチェックイン

数日前から搭乗時間の2時間まで無料でオンラインチェックインができるようになります。これを忘れると追加料金がとられてしまうので必ず忘れないようにしましょう。

何日前からオンラインチェックインができるようになるかは、変更されるケースがあるみたいなので、古い情報を鵜呑みにしないように詳細は必ず事前に公式ホームページから確認するようにしてください。

Official Ryanair website | Book direct for the lowest fares | Ryanair.com

3.チケットの印刷

オンラインチェックインをしたら下の画像のような画面に遷移して、チケットがプリントかダウンロードできるようになるので忘れずに印刷して当日に持っていきましょう。

スクリーンショット 2016-12-13 13.27.24

4.当日のビザチェック

空港に着いたらライアンエアーのチェックインカウンターにてビザチェックを済ませましょう。これも忘れてしまうと追加料金を取られてしまいます。受託手荷物がある場合はこの時にチェックインカウンターに荷物を預けることになります。

搭乗の二時間前には空港に着いて手続きを開始できるようにしましょう。

5.搭乗する

あとは荷物検査を済ませて搭乗するだけです。ライアンエアーの空の旅を楽しんでください。

ビザチェックの時間

IMG_6256

ビザチェック自体の時間はたいしてかかりません。日本人のパスポートを見せれば基本的にたいした審査無しにビザチェックを受けることができました。かかっても数分という感じでしたね。

ビザチェックはライアンエアーのチェックインカウンターで行うことができました。ビザチェックを頼んで自分のチケットにサインをしてもらうという感じです。

ビザチェックのサインがチケットにないと、搭乗できなかったり追加料金が科されてしまうので注意してください。

余談ですが、日本人は基本的に自国に帰りたがるので不法滞在する危険が少なく、出入国審査において非常に信頼してもらっていることは有名な話ですね。

ライアンエアーの注意点

IMG_5527

ライアンエアーの注意点といえばやはり、ルールが複雑なために準備不足のままに搭乗しようとするとすぐ追加料金を取られてしまうところです。

チケットの元々の値段が安いこともあり、追加料金がチケットの価格が上回ることもよくあります。せっかくチケットを安く手配できたのに、追加料金のために結果的に他の航空会社と同じような価格帯になってしまっては意味がありません。

代表的な追加料金対象行為を以下にもう一度おそらいしておきます。これらの項目によく注意して利用しましょう。

・チケットを印刷のし忘れ
・ビザチェックのサインのもらい忘れ
・受託手荷物の予約し忘れ
・荷物のサイズ・数量オーバー

  

ライアンエアーを利用してコストパフォーマンス高く、満足度の高い空の旅を楽しんでください。