ワインドアップのメリットを解説!球速やコントロールとの関係も

どーもこんにちは!

みなさん野球は好きですか?日本では毎日のようにテレビで野球がやっていて、多くの国民から親しまれています。

そこで今日は投手のフォームに着目してみることにします!

スポーツニュースで投手がワインドアップ投法にしたり常時セットポジションを採用したりと試行錯誤を重ねてフォームを改良している様子がよく伝えられていますよね。

ってなわけでこの記事ではワインドアップ投法のメリットやデメリットを球速やコントロールについての視点から解説していきます!

さっそくみていきましょう!

ワインドアップ投法とは

DSCF9027_TP_V

野球においてランナーがいない時の投手の投法は2種類あります。ワインドアップノーワインドアップです。

ワインドアップ投法とは両手を大きく振りかぶり体全体を使って投げる投法です。

それに対し、両手を胸の位置に置いたままの投球フォームをノーワインドアップと言います。

また、ランナーを背負っている時に最初から半身になって時間をかけずに投げるフォームをセットポジションと言います。

今ではダルビッシュ投手岩隈投手をはじめとした多くのプロ野球選手がランナーがいなくてもセットポジションで投げています。

その理由は次に解説していきます。

ワインドアップのメリット

MS251_netura_TP_V

ワインドアップ投法にはパワフルな投球ができるというメリットがあります。振りかぶる反動で投げるため、軸足にエネルギーを込めやすいという理由からですね。

なので球速を重視する投手はワインドアップで投げます。松坂投手とかをイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。

大きく振りかぶることで、打者をビビらせるという効果もあります。威圧感というやつですね。正直僕はワインドアップで投げる投手の方がカッコよく感じます。

ワインドアップのデメリット

DSCF9010_TP_V

ワインドアップのデメリットはコントロールが乱れやすいという点です。反動エネルギーを使って投げるのでバランスを崩しやすいという理由からですね。これが多くの投手が常にセットポジションが投げる理由にもなります。

今や常にセットポジションで投げる方が主流という時代です。

コントロール派の投手は体のバランスを大事にするために常にセットポジションで投げます。ランナーを背負ってなくても常にセットポジションで投げる投手で僕が一番好きなのはもちろんマー君です。

  

どうでしたでしょうか。こうして投手がどうしてそのフォームを採用しているのかに着目してみるとその投手の意図が少し分かったような気がしてきますね。より野球を楽しく観戦できるようになると思います。それではまた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする