就職祝い金(再就職手当)の支給日はいつ?条件や金額・手続きも

みなさん俗にいう再就職祝い金って知っていますか!?一般的にハローワークの就業促進手当の1つ、早期就職手当のことをそう呼びます。
金額も馬鹿にならないので知らないままでいるのは非常にもったいないことです。

みなさんが有利に転職活動をされるためにこの記事では再就職祝い金(再就職手当)を紹介していきます。

再就職祝い金(再就職手当)とは?!

就職祝い金 とは

再就職祝い金(正式には再就職手当)とは、失業者が早期に再就職をした場合に受給できる手当の1つです。これは失業者の再就職を支援してもらえる社会保険制度です。

今まで1年以上雇用保険に加入していて再就職の意志がある失業者の方は失業給付を受給できます。再就職活動を専念するのにも実際には生活資金が必要になります。当面の資金面の問題に対処するために就職活動にできない人がいること、そんな悪循環をなくそうという偉大な制度が失業給付です。

しかし、失業給付には1つの問題があります。それは、失業者にとっては「失業給付が貰える間が就職できない方が得なのではないか」と思わせてしまうという点です。失業給付はその日当金額を失業状態にあった日数分だけ給付する仕組みになっていますからね。

失業状態が長い方が得なように思わせてしまいます。これでは、再就職を支援するという失業給付の本来の目的に反することになります。

その矛盾を解決し、早期就職を支援してもらえる制度が再就職手当であり、一般的に再就職祝い金と言われています。

ここでそれぞれの言葉の定義を再確認しましょう。

  

失業者:失業状態にある人です。失業状態とは、積極的に就職する意思があり就職活動を行なっており、いつでも就職できる能力(健康面た環境面)があるにも関わらず、職業に就くことができていない状態です。

失業給付:失業者の再就職のために支給される給付金です。受給のためには、雇用保険の被保険者期間が12ヶ月あることと失業状態にあることが必要です。

再就職手当(就職祝い金):早期に再就職した人に受けることが可能な手当の1つです。その受給条件は次に説明します。

再就職祝い金を受け取る条件

就職祝い金 再就職手当 条件

再就職祝い金(再就職手当)を受け取る条件は8つあります。全て満たしてなければなりません。

①受給手続き後、7日間の待機期間満了後に就職、又は事業を開始したこと。

②就職日の前日までの失業の認定を受けた上で、基本手当の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上あること。

③離職した前の事業所に再び就職したものでないこと。また、離職した前の事業所と資本・資金・人事・取引面で密接な関わり合いがない事業所に就職したこと。

④受給資格に係る離職理由により給付制限(基本手当が支給されない期間)がある方は、求職申込みをしてから、待機期間満了後1か月の期間内は、ハローワークまたは職業紹介事業者の紹介によって就職したものであること。

⑤1年を超えて勤務することが確実であること。

⑥原則として、雇用保険の被保険者になっていること。

⑦過去3年以内の就職について、再就職手当又は常用就職支援手当の支給を受けたことがないこと。

⑧受給資格決定(求職申込み)前から採用が内定していた事業主に雇用されたものでないこと。

    〜ハローワークインターネットサービス「再就職手当のご案内」〜
                        (2016年11月時点)

以上8つの条件を満たしてなければ就職祝い金を受給できないので注意してください。

再就職手当って実際いくら?

再就職手当 いくら

再就職手当は失業給付の基本手当の支給残日数分の50%か60%の額を貰えます。支給残日数が所定給付日数の3分の2以上の方はその未受給分の70%3分の1以上の方は未受給分の60%を受け取ることができます。

これは知らずに貰えなかったなんてことがあったら大損ですね・・・バカにできない額なので、受給資格のある方は忘れずに受け取りましょう。

再就職手当の手続きは?

再就職手当 手続き

再就職手当を受け取るための手続きとしては、就職した日の1ヶ月以内再就職手当支給申請書を提出することが必要です。この時、受給資格書を一緒に提出する必要があるので注意してください。提出方法は、代理の方による提出や郵送による提出で問題ありません。

提出方法は再就職手当を受給できるかに非常に重要なことです。自己責任で行う必要がありますので、必ず手続きの詳細に関して役所の方に事前に確認するようにして下さい。

再就職手当の支給はいつ?

再就職手当 支給 いつ

就職日から再就職手当の支給日までに、だいたい1ヶ月半程度の期間があります。もちろん提出書類に不備等があれば支給日はもっと遅くなりますので注意しましょう。

ハローワークに再就職手当の申請が認められれば、支給決定通知書が送られてきます。支給決定通知書には支給日が記載されていますが、それはあくまで目安です。

みなさんも社会保険制度を活用して、転職活動を有利に進められることをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする