ロキソニン服用後の運転はダメ!めまいや眠気などの副作用に注意

こんにちは。みなさんはロキソニンという薬を聞いたことがありますでしょうか。痛み止めとして広く知られているロキソニン、聞いたことがある、名前を知っている!という方も多いと思います。

しかし中にはロキソニンはよく飲むけど、どんな薬かよく知らないという方もいると思います。もしかしたらそういう方の方が多数派かもしれません。

今日はそんな誰もが名前は知ってるロキソニンについて、効果や副作用を解説していきます!

ロキソニンとは

ロキソニン とは

ロキソニンとは鎮痛効果、炎症抑制、解熱効果がある薬品です。痛み止めの代表的な薬として有名ですよね。またロキソニンには複数のタイプがあります。

イブプロフェン製剤はアスピリンより強力な作用があります。効果が現れるのも他に比べてはやく、副作用が少ないです。ナプロキセン製剤は、鎮痛・解熱・抗炎症の作用が強力で、長時間に効果が持続します。ねんざ、腫れ、関節痛、痛風などによく適していますね。

ロキソプロフェンナトリウム製剤は歯痛に効果があります。歯医者さんからロキソニンを処方されたという方も多いのではないのでしょうか。チアプロフェン酸製剤は、インドメタシンと同等の効果があり、副作用が弱いものになっています。

ロキソニンの副作用について

ロキソニン 副作用

ロキソニンには様々な副作用があります。

大きな副作用としては、発疹などのアレルギー症状やショック、貧血などが起こってしまうことがあります。このような症状が確認されたときはロキソニンの使用を止め、必ず病院に行くようにしてください。

薬によっては

・血液障害
・好酸球性
・間質性肺炎
・無菌性髄膜炎(発熱、頭痛、吐き気、嘔吐)
・消化管穿孔
・喘息発作
・うっ血性心不全
・血圧上昇
・皮膚粘膜眼症候群
・急性腎不全
・大腸の潰瘍
・アナフィラキシー症候群

などが現れることがあります。このような症状が現れた場合も、医師に相談するようにしてください。

比較的軽いものでは

・腹痛
・頭痛
・下痢
・食欲不振
・吐き気
・嘔吐
・胃部不快感
・眠気
・めまい
・むくみ

などが現れることがあります。

ロキソニン服用後に運転していいの?

ロキソニン 運転

前述したようにロキソニンには眠気めまい等の副作用があります。したがってロキソニン服用後は運転するべきではありません。特に長時間の運転は御法度です。頭痛や下痢、吐き気などの副作用が起こる可能性もあります。それらの要因も運転をやめたほうがいい理由になるでしょう。

運転は人の命と密接に関わる非常に危険な行為です。もしあなたの体調が万全でないのなら決して運転するべきではないといえるでしょう。無責任な運転態度はいつか悲劇をうむでしょう。

  

どうでしたか。誰もが飲んだことがあるであろうロキソニン。その効果や副作用について理解していただけたでしょうか。健康のために正しい知識をもってロキソニンを服用してくださればと思います。あなたの健康を祈っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする