フードペアリングのやり方と手順3ステップ!マリアージュとの違いと資格の有無も

みなさんはフードペアリングっていう言葉を聞いたことがありますか?まだ日本にはあまり馴染みの少ないワードかもしれません。しかし最近はカフェなどでフードペアリングという単語を目や耳にするシーンが増えてきたように思います。そこでこの記事ではフードペアリングの意味や基本を解説していきます。

◆フードペアリングの意味とは?

フードペアリング コーヒー
 フードペアリングとはフードとドリンクの相性のことです。例えば、あなたはコーヒーの良さをどこに感じますか?私は香りやほどよい苦み、コクなどがコーヒーの醍醐味だと思います。

そのコーヒーの魅力を最大限に引き出すためにはどうしたらいいでしょうか。私は甘いスイーツやドーナツと一緒にコーヒーを楽しみます。それがフードペアリングです。

 例えば、「今日は可愛い女の子とデート!せっかくお洒落なカフェに入ったし、軽食も頼んで二人の幸福感を最大限に高めよう!!」そう思ってコーヒーと一緒にショートケーキなどを注文した経験などありませんか?(笑)

その行動はケーキの甘さとコーヒーの苦みがそれぞれの魅力を引き立てあうことを体験しており、無意識にその効果を狙ったのです。そう、フードペアリングは誰にでも馴染みがあるものなのです。

◆フードペアリングとマリアージュの違い

フードペアリング マリアージュ
 フードペアリングとマリアージュは基本的には同じです。ワイン業界ではマリアージュという言葉がよく使われていますね。一方で、カフェなどコーヒー業界ではフードペアリングという表現が一般的です。

みなさんもマリアージュは割とよく耳にするという方も多いのではないでしょうか?しかし、最近はフードペアリングというワードもどんどんポピュラーになっていますので、耳にする機会も増えていくと思います。状況に応じてよりシンパシーを感じてもらうワードをチョイスしていくことは食事や雑談などを楽しむ秘訣であるかもしれませんね。

◆フードペアリングのやり方や基本を勉強しよう!

フードペアリング やり方
フードペアリングのやり方を3ステップに分けると、例えばコーヒーでは

(1)コーヒーの香りや味の特徴を楽しむ
(2)フードの香りや味の特徴を楽しむ
(3)フードの味覚が口に残っている状態で、コーヒーを楽しむ

 フードペアリングの基本は似たような特徴の味を合わせることです。今までの説明でコーヒーにはスイーツが合うと言われても、あまり納得のできてない方もいるかと思います。

それはコーヒーやスイーツにも種類によりそれぞれの味に特徴があり、一概に言えないからです。

例えば、コーヒーといっても酸味が強いもの、苦みが強いもの、酸味と苦みのバランスがとれたものなど色々ありますよね。ぞれぞれの味の特徴にあわせて相性の良い食べ物を選ぶのが本当の意味でのフードペアリングです。

 例えば、酸味の強い浅煎りのコーヒーには酸味のあるフルーツを使用したスイーツ(アップルパイなど)があいますし、バランスのとれた中煎りコーヒーにはマイルドなテイストのチーズケーキなどが合います。香りやコクのある深煎りコーヒーには濃厚な甘みのあるガトーショコラなどいかがでしょうか?

◆フードペアリングに関する資格ってあるの?

フードペアリング 資格
フードペアリングのみに関するの資格はないようです。しかし、フードペアリングの考え方は新しいドリンクやフードを考案するバリスタやシェフにとって非常に重要なものです。もしシェフやバリスタを目指している方がいるならば、フードペアリングについて勉強されることをオススメします。

  

 このように味の特徴を意識すると食事や飲み物をより楽しむことができます。フードペアリングを意識してあなたの味覚の世界を広げてみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする