ぼくらが日本を継いでいく(東京)の感想まとめ!入場料とチケット情報も

東京で開催されている展覧会「ぼくらが日本を継いでいく」が気になっているという人も多いのではないでしょうか?

となると、訪れる前に評判をチェックしておきたいという人も多いはず。

そこで今回は、「ぼくらが日本を継いでいく(東京)」に実際に行った人の感想をまとめていきます。

ついでに、「入場料はいくらなんだろう?」「チケットってまだ残っているの?」と思っている人もいるかと思うので、そこらへんの情報もまとめておきますね。

基本情報と合わせて、展示会に行く前に確認しておきましょう!

ぼくらが日本を継いでいく(東京)の基本情報

ぼくらが日本を継いでいく(東京) 入場料

東京で開催されている「ぼくらが日本を継いでいく」の基本情報はこちらです↓

・開催日:2018年1月10日(水)〜2018年1月16日(火)

・場所:新宿髙島屋 11階特設会場

・入場時間:午前10時〜午後7時30分(午後8時閉館)

※1月12日(金)、13日(土)は午後8時まで(午後8時30分閉館)

※最終日1月16日(火)は、午後5時30分まで(午後6時閉館)

・展覧数:35点

・販売グッズ:クリアファイル(各378円)、ポストカード(各162円)

・主催:RINne Associe

・後援:BS日テレ

・特別協力:細見美術館

「ぼくらが日本を継いでいく」は、2015年に京都国際マンガミュージアムで行われた「琳派オマージュ展」をスケールアップして開催されます。

日本の文化を若者に継承してほしいという願いをこめて、日本画と「マンガ・アニメ」をコラボレーション。

芸術ファンだけでなく幅広い層の人に、日本画と「マンガ・アニメ」の魅力を楽しんでもらうことができる展覧会です。

チケットはある?入場料はいくら?

ぼくらが日本を継いでいく(東京) チケット情報

なんと、入場料は無料です。

また、事前にチケットの購入も必要ありません

展覧会に行ってみようと思っても、チケットが売り切れだったり、入場料が高くて諦めたこともありますよね?

しかし「ぼくらが日本を継いでいく」は入場料無料で、事前にチケットの購入も必要ないので、気軽に足を運ぶことができますね。

行った人の感想・口コミ評判まとめ

現在開催されている「ぼくらが日本を継いでいく」の評判を、Twitterで見てみましょう。

Twitterでの評判は上々のようです。

特にアニメファンが多いようですね。

その中でも初音ミクを見に来たという人が多いように思われます。

昔からある日本画と、今の日本を代表する「マンガ・アニメ」の融合は、日常生活ではあまり見る機会がないので、是非1度見てみることをオススメします。

まとめ

・新宿髙島屋 2018年1月10日(水)〜2018年1月16日(火)で開催

・入場料無料で、事前チケット購入はいらない

・Twitterでの評価は高い

ということで、「ぼくらが日本を継いでいく」の情報をまとめました。

入場料無料・事前チケット購入なしで、日本画と「マンガ・アニメ」が融合した作品を見ることができるのは、お得過ぎますね!

特に初音ミクや手塚治虫さんのファンの人にはたまらない展覧会です。

みなさんも是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

その場でしか買えないグッズも販売していますよ。

日常では見ることができない世界に、きっと大満足できることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする