ズボンプレッサーは痛む?アイロンによるスーツのテカリを防ぐ

みなさんはアイロンの使用によりスーツがテカるようになってしまった経験がありませんか?

そんなにあなたにズボンプレッサーをオススメします!ズボンプレッサーもアイロンみたいに痛むのでは?など不安を抱いている方は是非この記事を参考にしてみてください!

スーツのテカリの原因は?

スーツ テカリ 原因

スーツのテカリの原因は生地の痛みです。

では生地はどうして傷んでしまうのでしょうか?
それは主に擦れが原因です。その擦れはスーツの着用時の運動によっても起こりますし、アイロンのスライドによっても起こります。

つまり、スーツがテカらないようにするためには、不必要なアイロンを避けなければならないのです。

不必要なアイロンを避けるためには?

アイロン 避ける

そう言われたってアイロンを使ってシワを伸ばさないとすごいカッコ悪くなってしまうじゃないか!!と思う方が多いと思います。
確かにシワを伸ばさないと非常にダサくなってしまうことは確かです。

ここで鋭い方は“アイロンを使わずにシワを伸ばす方法はないだろうか?”と考えたかもしれません。

・生地を痛めない
・シワをきっちり伸ばす

この二つを両立させ、あなたの理想を叶える魔法の道具が存在します。

実はそれがズボンプレッサーです。

ズボンプレッサーとは?

ズボンプレッサー とは

ズボンプレッサーとは、前述した通り、衣服の生地を痛めずにシワを伸ばせるという魔法の道具です。
アイロンと違い、スライドせずにプレスするだけなので生地が痛みにくいというわけですね。

使い方は非常に簡単。

プレッサーに衣服を挟んで15分ほど待つだけ。
工夫をすればズボンだけではなくシャツやスカートにも使えます。

ただ、物が悪いズボンプレッサーを選んでしまうと十分に役目を果たしてくれないので注意が必要です。
費用をケチらず後悔しないように慎重にズボンプレッサーを選ぶようにしましょう。

ズボンプレッサーを正しく使用しよう

ズボンプレッサー

ではなぜズボンプレッサーを使用しない人が今の世の中では多数派なのでしょうか?それはズバリ、ハードルが高いからであると言えます。

ズボンプレッサーを初めて使うときは十中八九、失敗してしまいます。
折り目以外の部分に余分なシワがついてしまうのです。
その失敗で多くの人が心が折れてしまいます。

でもそれは僕にとっては非常にモッタイナイ!ことです。
だって慣れてしまえばアイロンよりずっと簡単にシワを伸ばせるようになるんですから。

次の記事ではアイロンより簡単なズボンプレッサーの使い方やコツなどを紹介していきます。是非参考にしてみてください。

ズボンプレッサーのコツ!折り目やしわのつかない使い方

どうでしたでしょうか?衣服の手入れにアイロンだけではなく、ズボンプレッサーも適切に使用することによって快適なクロージングライフを手に入れられることをオススメします。